渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト

@Shibuya5Gをフォローして
最新情報をチェック

世界最大級バーチャルフェス 世界中から約40万人が参加!バーチャル渋谷 au 5G ハロウィーンフェス閉幕!


KDDI株式会社、一般社団法人渋谷未来デザイン、一般財団法人渋谷区観光協会を中心とする参画企業で組成する「バーチャルハロウィーン実行委員会」は、新型コロナウイルス感染症の影響や予防観点に伴い、2020年のハロウィーン期間中、渋谷区内への来街自粛を要請するとともに、渋谷区公認配信プラットフォーム「バーチャル渋谷」内で、10月26日(月)から10月31日(土)より約6日間にわたり、#StayVirtualを合言葉に新しい時代にそったバーチャルイベント「バーチャル渋谷 au 5G ハロウィーンフェス」を開催いたしました。

ジャック・オー・ランタンが浮かぶ、ハロウィーン仕様になった特別なバーチャル渋谷では、参加者が仮装したアバターを使い、バーチャル渋谷内を自由に散策できるだけでなく、貞本義行氏デザインによるバーチャル渋谷区長「HACHIKO」が秘密の区長室へ招待する謎解きゲームをはじめ、隠れキャラ探しゲーム、人気キャラクターとの記念撮影、バーチャル仮装コンテスト、限定グッズの購入など様々なコンテンツが用意され、連日日替わりで行われるイベントとあわせて楽しむことができる空間として、6日間通して約40万人が訪れ大成功のうちに幕を閉じました。

日替わりのイベントには、きゃりーぱみゅぱみゅ、Kento Mori、BiSH、Rin音、Nulbarichなどの音楽アーティスト・ダンサーの他、お笑い芸人や世界各国からの名だたるDJが参加。NHK「ビットワールド」、キッザニアイベントとのコラボも実施、大人から子供まで楽しめるダイバーシティなイベントととなりました。

今後も「バーチャル渋谷」では、新たなエンターテイメントの形を追求していくと共に、次世代の文化創造都市「渋谷」を創造していきます。


10月28日(水)
「バーチャル渋谷 au 5G ハロウィーンフェス オープニングレセプショ ン:きゃりーぱみゅぱみゅ バーチャル Mini Live/Special Dance Performance Kento Mori」

世界中からバーチャル渋谷へのアクセスが殺到したため、当日の実施はやむなく中止となり、仕切り直して行われたオープニングレセプション。ハロウィーン仕様の空間にて、きゃりーぱみゅぱみゅが「ファッションモンスター」「Crazy Party Night〜ぱんぷきんの逆襲〜」の2曲を披露し、来場者のハロウィーン気分を一気に盛り上げた。そしてLAからKento MoriがARダンスパフォーマンスを行った。


10月27日(火)・28日(水)
「ネトフリシネマ in バーチャル渋谷」

ビジネスパートナーであるKDDIとNetflixがタッグを組んだ「ネトフリシネマ in バーチャル渋谷」では、バーチャル渋谷内のスクランブル交差点に設置された特設スクリーンにてNetflixオリジナルアニメシリーズ『攻殻機動隊 SAC_2045』が上映。


10月29日(木)
「キッザニア presents バーチャルハロウィーンパレード」

子供たちに向けた特別なハロウィーンパレードを実施。インターネットを通してバーチャル渋谷にアクセスした参加者たちがハロウィーン仕様に装飾された仮想の渋谷の街を一緒に練り歩くなど、バーチャル空間の中で自由にハロウィーン気分を満喫する様子が見られた。


10月29日(木)
「Eテレ「ビットワールド」presents バーチャル Live」

アバター化したセイコー、ヨコヤマン、マーメイドちゃんなど人気キャラクターたちが、バーチャル渋谷内の特設ライブステージに集結。ライブや息のあったトーク、子供たちが考えた、空から降ってくるフランスパンを口でくわえるゲームなどで参加者を盛り上げたほか、ヨコヤマン、マーメイドちゃんがステージを飛び出し、客席に降りて参加者と交流する姿も見られた。


10月29日(木)
「au 5G Presents BiSH バーチャル Live in association with Apple Music」

”楽器を持たないパンクバンド”BiSHが満を持して特設ライブステージに登場。ステージから幽霊が飛び交うなどハロウィーンらしいバーチャル演出も取り入れられたライブでは「NON TiE-UP」をはじめ、28日にデジタルリリースされたばかりの新曲「STORY OF DUTY」、「LETTERS」、「プロミスザスター」、「beautifulさ」など全6曲が参加者に向けて披露された。尚、本パフォーマンスは当日見逃した人へ向けてのサプライズが後日発表予定です。


10月30日(金)
「GOOM STUDIO Presents ミライアカリ バーチャル TALK」

一夜限りのスペシャルトークショー。バーチャル渋谷への登場は今回が初となるミライアカリは、109など自分がよく行くという渋谷のお気に入りスポットの紹介やステージから自分のカメラで集まった参加者との記念撮影を行いました。またワールドコンテンツのひとつ「バーチャル仮装コンテスト」の審査も行われ、応募があった中から最優秀賞、ミライアカリ賞、渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト賞の3つの優秀作品を選出しました。

10月30日(金)
「au 5G Presents「みんなの5G」 和牛の超高速ライブ Supported by よしもと」
「au 5G Presents SPECIAL∞LIVE supported by よしもと」

和牛がMCを務め、今ある5Gを最大限活用した5G初のお笑いライブを実施。冒頭ではフォトグラメトリによって3Dモデル化した水田も登場したほか、相席スタートが透過ディスプレイを通じて別の会場からステージに姿を現しました。続いて行われた「au 5G Presents SPECIAL∞LIVE supported by よしもと」ではアインシュタイン河合がMCを務め、ヨシモト∞ホールで活躍する人気芸人のインディアンス、男性ブランコ、ラフレクラン、ダンビラムーチョ、レインボーらが登場。ネタやコーナーによるお笑いライブでバーチャル渋谷に集まった参加者の笑いを誘った。


10月31日(土)
「au 5G Presents Rin音 バーチャル Live」
「au 5G Presents NULBARICH バーチャル Live」

新世代の実力派ラッパー、Rin音がバックDJ Shun Marunoとともに登場し、「sleepy wonder」からライブをスタート。バーチャル渋谷に集まったファンに「バーチャルの中でも楽しんでいきましょう!」とステージからメッセージを送りながら、「箒星飴店」、ゲストにasmiを招いた「earth meal feat.asmi」など人気曲を披露した。


10月31日(土)
「DJ IN THE MIRROR WORLD SUPER DOMMUNE」

イベントでは、エレン・エイリアン(ベルリン)、サージョン(バーミンガム)、ダーシャ・ラッシュ(ベルリン)、ケン・イシイら4組の世界的DJたちがアバターと化し、世界各地から国境を超えてスクランブル交差点に集結。物理空間を超えて披露される4組のDJプレイが、バーチャル渋谷を仮想のダンスフロアに変身させた。


アーティストコメント

アイナ・ジ・エンド(BiSH) コメント
バーチャルの空間に突入した自分達を見たとき、まるで別人達がライブしてるように見えました。アバターで動かしながらもう一度見たいです!楽しかったです!

Rin音コメント
バーチャル渋谷での僕のライブパフォーマンス、楽しんでもらえましたでしょうか?
ゲームの世界に入り込んだような会場で僕も楽しかったです。場所は問わず繋がるこの素敵な空間を皆さんと共有できて幸せでした!
またこのバーチャル空間でもお会いできたら嬉しいです。

ミライアカリコメント
ハロー、ミライアカリだよ!渋谷5Gバーチャルハロウィーン、ご来場ありがとうございました!
渋谷の街並みがすごくリアルに再現されていて、アカリもみんなととっても楽しい時間を過ごせました。みんなも引き続き「ステイバーチャル」をキーワードに、楽しいバーチャルライフを過ごしてね。また会えることを楽しみにしています。

担当者コメント

一般社団法人渋谷未来デザイン 理事 長田新子 氏
渋谷区公認のバーチャル渋谷で「#StayVirtual」をスローガンにハロウィーンを楽しんでいただきたいという想いで、このプロジェクトに取り組んで参りました。沢山の人々に訪れて頂き、新しい時代の「おうちハロウィーン」の楽しみ方をご提案できたのではないかと考えております。
また、今年は渋谷区としてハロウィーン期間中、外出自粛を呼びかけましたが、皆さんのご協力のおかげで、大きな混乱もなくハロウィーンを終えることができました。
今回の取り組みは、50社以上が参画しオープンイノベーションから新しい価値を生み出すことを目的に立ち上がった「渋谷エンターテイメントプロジェクト」としての一環でもあります。今後も、渋谷がリアルのみならず、バーチャルでも文化の発信地として位置付けられ、新しい価値を生み出していくプラットフォームとしてバーチャル渋谷が貢献できるように、尽力して参ります。

KDDI株式会社 パーソナル事業本部 サービス統括本部 5G・xRサービス戦略部長 繁田光平氏
この度、バーチャル渋谷が5月にローンチして以来、最大・最長規模のイベントとしてハロウィーンフェスを開催いたしました。数多くの企業やアーティストさま協力のもと、コロナ禍における新たなハロウィーンを提案すべく、稀に見る大きな挑戦となりました。
挑戦の過程では、課題も多く見つかりましたが、以降も止まることなく様々なトライを続け、それらを多くの方々にシェアしながら、アフターコロナ時代の新たなエンターテイメントのための一助になれればと願っています。


<告知>
フワちゃん、ミキがハロウィーンの渋谷で大暴れ?!
11月4日(水)「みてすぎTV -バーチャル渋谷ハロウィン編-」YouTubeで公開予定!

フワちゃんとミキによる5G体験youtube番組「みてすぎTV」内でフワちゃんとミキが「バーチャル渋谷 au 5G ハロウィーンフェス」に潜入!
オリジナルのアバターを使って、渋谷の中心で愛を叫んだり、渋谷を舞台に自撮り対決を敢行。2020年の新しいハロウィーンの渋谷の楽しみ方を体感しました。

「5Gの波に乗れ!みてすぎTV」は、5Gによって身近になる通信テクノロジーや、それを活用したau/KDDIの取り組みを、フワちゃんとミキが様々な場所に潜入・自由に体験しながら視聴者の方と共に楽しんで学んでいきます。

チャンネル登録はコチラから! https://www.youtube.com/c/mitesugitv

SHARE WITH

渋谷5Gエンターテイメントプロジェクトや、渋谷区で行われるプロジェクトの実施内容、au 5Gの取り組みについてなど。詳しくは、こちらからお問い合わせください。

三者が中心に立ち、様々な企業・団体が参画できるプラットフォームを形成。クリエーターやアーティストを支援し、区の掲げる「創造文化都市」の実現に向け取り組んでいきます。

参画企業

  • KDDI
  • 東急
  • 東急不動産
  • PARCO
  • BANDAI NAMCO Arts
  • Digital Garage
  • 株式会社シブヤテレビジョン
  • Live Nation
  • NEC
  • 大日本印刷
  • 株式会社アカツキ
  • イープラス
  • ミクシィグループ
  • DIRECTIONS
  • 三井不動産
  • Netflix
  • MUTEK Japan
  • STYLY
  • SPACE SHOWER TV
  • 株式会社ロボット
  • BAYCREW'S GROUP
  • TRANSIT
  • Inspire High
  • デジタルハリウッド
  • KADOKAWA
  • ANA
  • クリプトン・フューチャー・メディア株式会社
  • サッポロビール株式会社
  • A-Sketch
  • JOYSOUND
  • 渋谷マルイ
  • 109
  • 1964 TOKYO VR
  • CASIO
  • 美容室カキモトアームズ
  • Moment Factory
  • PICS
  • SHOWROOM
  • ソニー・ミュージックエンタテインメント
  • DOMMUNE
  • チケットぴあ
  • TOKYO MX
  • イマジカデジタルスケープ
  • クラスター株式会社
  • CREATIVEMAN
  • XPERIA
  • 株式会社ナターシャ
  • PlayBrain
  • みずほ銀行
  • tv asahi
  • テレ朝POST
  • cisco
  • CINRA
  • stu
  • 後援:
  • 渋谷区
  • 渋谷区商店会連合会